news

2019/02/19

「永遠と1/60秒」 古田和子×山増ちひろ

「永遠と1/60秒」

古田和子×山増ちひろ

2019年3月2日[土]→3月24日[日]

期間の〈土・日〉開催

旧西村写真館 山形市本町2-1-51

※駐車場はございませんので、周囲の有料駐車場をご利用ください。

開館時間|10:00〜16:00

入場無料

 

 

旧西村写真館(山形市本町)は、大正10年に建てられ平成7年に閉業するまで、73年間にわたり市井の人々の姿とその年月を収めてきた場所です。写真館としての役割を終えたあとも、廊下や待合室には人々を写した肖像が今も飾られ、撮影の背景としてキャンパスに描かれた油彩画や椅子、大きなフィルムカメラが当時の面影のままに残されています。

本展では、画家・古田和子と、陶芸家・山増ちひろが、かつてこの写真館で撮影された私的な肖像写真から生起された作品群を展示いたします。飾られた肖像写真を眺めたとき、そこに写る者のまなざしを感じ、お互いに見つめているという感覚を持ったという二人。その視線がたとえカメラを向けた過去に投げかけられたものであったとしても、写る者と見る者の間には「見る/見つめられる」という時間を超えたまなざしの交差があり、その視点に触れたとき、今流れている時間のなかにひっそりともう一つの異なる時間=生が立ち現れてきます。

写真を見る、その行為と時間のなかで二人が捉えた肖像は、自身の、そして見る者の記憶を揺り動かしながら、新たな時間(とき)を写し出していきます。

 

 

企画:西村写真館プロジェクト

宣伝美術:梅木駿佑(UMEKI DESIGN STUDIO)

編集・コーディネート:鈴木淑子

撮影:山田有香

助成:東北芸術工科大学校友会活動支援金

協力:旧西村写真館保存活用の会、小林和彦、山縣賢大

お問合せ:yama.to.dessin@gmail.com

nishimura_chirashi_02.jpg